7月号もう出てるよ!

  • 2010/07/28(水) 18:23:40

こんにちは、いぬです。
遅ればせながら7月号のご紹介を。
ゲンダイガホウ7月号

巻頭特集
もう一度“ゆとり教育”を見直そう

2011年度から使用される小学校教科書が適切な内容か、
文部科学省による教科用図書検定が2009年に行われた。
2002年に導入された新学習指導要領──通称「ゆとり教育」。この数年で様々な意見が飛び交ってきたが、その中でゆとり教育が我々に、そして今現在教育を受けている子供達にもたらしたものとは一体何だったのか──。
今一度ゆとり教育を振り返ることで、今後の教育の在り方を見つめ直していきたい。


■人のいる風景─時代を切り拓く経営者に聴く
■地域を育む人と企業
■Dr.訪問─地域医療に貢献する─
■時代と人をつなぐスペシャリスト
■心のふるさと〜社寺めぐり〜
■美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店


時事コラム
■21世紀の働き方 〜新社会人の労働意識から考える〜
■オンラインゲームに依存する人々
■あなたの身体は大丈夫!? 昼寝がもたらす効果とは
■特定商取引法の改正── 財産を確実に守るクーリングオフ制度にするために
                    など…

レギュラーコンテンツ
●現代が辿った道 第19回 「日本の開国」
●ひとみ先生の“登記”クリニック 第153回 「借入金の資本金組入」
                     ほか…


もうすぐ8月号も発刊になりますので
乞うご期待!

                          

6月号でたよ

  • 2010/06/11(金) 14:03:42

御無沙汰しておりました。
こんにちは、いぬです。

現代画報最新刊の紹介ですよ。

現代画報 2010年6月号

■人のいる風景─時代を切り拓く経営者に聴く
■地域を育む人と企業
■Dr.訪問─地域医療に貢献する─
■時代と人をつなぐスペシャリスト
■心のふるさと〜社寺めぐり〜
■美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店


現代牙砲


【表紙写真】 茨城/雨引観音
公訴時効存廃の行方


巻頭特集公訴時効存廃の行方

犯人に命を奪われた遺族がメディアに映し出される度に、制度の存廃について問われてきた“公訴時効”。公訴時効制度とは如何にあるべきか──様々な見解、立場、海外の例などを踏まえて検証してみた。


時事コラム
■外国人参政権は日本に何をもたらすのか!?
■タバコの良し悪しを考える ──健康と産業から見たタバコの是非──
■人の心を動かす人、人に心を動かされる人

などなど…

「現代画報」はアマゾンさんでも販売されてますので、
読みたい方は注文してみて下さいね。
 
                   
                 

マグロ

  • 2010/03/07(日) 00:10:15

こんにちは、いぬです。

まぐろ


いよいよ本格的にマグロがやばそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100306-OYT1T00788.htm
もちろん乱獲はいけないですけど、
自国の食文化がおびやかされるのは
気分のいいものではありませんよね。

いつの日か、
お寿司屋さんからマグロが消える
…考えただけで涙が出そうです
                         

黒猫

  • 2010/02/18(木) 14:17:57

こんにちは、いぬです。

オフィシャルのブログを見ていましたら
このような記事がございました。
http://ameblo.jp/gendaigahou/entry-10457307077.html
「黒猫が横切ると不吉」ってのは古いんですね

日本では色に関係なく、
死体の頭の上を猫が横切ると
死体が動き出すともいわれています。

古今東西、
猫ってのは神秘的な存在なんだなぁ


                    

うろうろ

  • 2010/02/12(金) 11:04:59

こんにちは、いぬです。

いぬは梅田の地下街をあてもなく
うろうろするのが結構すきなんです。

この前、
こんなところを見つけました。

梅田地下

小学生の絵画作品の展示がありました。

曽根崎の近くだったかな。
こんど第1ビルとかも紹介しますね。